シブーストとは…?どんなお菓子で意味は?簡単レシピも!

シブーストというお菓子を聞いても
あまりピンとこない人の方が多いと思います。

洋菓子に詳しい人じゃないと
あまり知らなかったのですが、
モスバーガーで シブースト を期間限定で
発売したことがあり、
それをきっかけにしてシブーストの美味しさに
ハマってしまった
という人が続出したのですよ。

そこで、シブーストについて
知らない人も、もっと知りたい人にも
シブーストの魅力 をご紹介しましょう。

シブーストとは


シブーストは、 フランス生まれのお菓子 です。
フランスでは伝統的なお菓子なんですよ。

ほんとに、美味しいお菓子を作るのことは
フランス人は上手なんですよね。
日本でも定番になっている洋菓子のルーツは
フランス生まれがとても多いですからね。

シブーストは、パイ生地で作ったカップに
リンゴなどフルーツ を入れて、
そこにカスタードクリーム
メレンゲを混ぜてたクリームを入れて、
最後に砂糖をカラメルに焼いたものです。
yjimage カスタードクリームとメレンゲを混ぜ合わせると
シブーストクリーム というものになり、
このクリームを利用してケーキにしたものが
一般的に「シブースト 」と呼ばれています。

甘く煮たリンゴ を使うことが多いので、
アップルパイやアップルタルトと似ているのですが、
クリームが濃厚なおいしさが味わえます。

Sponsord Link


シブーストの基本レシピ

yjimage シブーストに使うフルーツは
リンゴの他にも、イチジクや桃、梨 など
好きなものでOKです。

今回はポピュラーなリンゴシブースト のレシピです。

材料


タルト生地(市販のものでもOKです)

【クリームの材料①】

●卵黄 2個
●砂糖 大さじ2
●薄力粉 大さじ2
●牛乳 100cc
●ゼラチン 5g


卵白 2個
砂糖 大さじ5

【リンゴフィリング】

リンゴ 2個
砂糖 大さじ5
レモン果汁 少々

【ナパージュ】

砂糖 大さじ2
水 大さじ2
お湯 大さじ2
ゼラチン 3g

作り方


1.りんごの皮をむいて薄くスライスします。
2.砂糖とレモン汁をまぶしてレンジで5分~6分加熱。
3.全体をなじませておきます。

5.ゼラチン以外のクリームの材料「●」をすべて鍋に入れる。
6.中火にかけてよく混ぜます。
7.ゼラチンを入れてよく混ぜます。

8.卵白に残りの砂糖を入れ、
角が立つまでメレンゲを作ります。
9.メレンゲをクリームと混ぜ合わせます。
10.タルトにリンゴを敷きつめてクリームを乗せます。
11.冷蔵庫で1時間くらい冷まします。

12.冷蔵庫で冷やしている間に
カラメルゼリーを作ります。
13.砂糖と水をレンジで5分間加熱します。
14.粗熱をとったらゼラチンを加えて15分ほど
冷蔵庫でとろみがつくまで固めます。
15.表面にカラメルを塗って完成です。

シブーストレシピ動画


パイ生地を使わなくても作れるレシピもありました。


シブーストの賞味期限


シブーストは カスタードクリーム を使うので、
常温での保存は向きません。
冷蔵庫で3日以内に食べるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る