グーグルのCEOが話す「10年後のテレビの姿」とは?

グーグルのCEOから見たテレビの未来


この頃よく耳にするのが「 若者のテレビ離れ 」です。

テレビが面白くなくなったとか、
テレビを見るよりもネットの方が面白いなど、
若者たちがテレビ離れする理由は色々あります。

グーグルのCEOは「インターネットはすでに
テレビの代わり として広く普及して存在感がある」と
自信を持っているようです。

テレビの今後にはもう明るい未来はないのか
10年後のテレビについてどう考えますか?


テレビが面白くなくなった理由


どうして若者たちはテレビから離れてしまったのか、
その理由は単純に言えば「 面白くないから 」です。

しかしそれは無料で視聴できる番組に限ったことで
有料で視聴するテレビ番組にはまだ可能性があると
感じている人もいます。



日本のテレビ番組に限ったことではなく、
民間放送の番組はスポンサーからの広告費によって
番組が成り立っています。

イメージを優先しないとダメ という雰囲気が
テレビを退屈なものにしているのが大きな理由でしょう。

昔の方が滅茶苦茶してもOKで面白かったとか
よく古いタレントが発言していますから
テレビを職業としている人は切実に感じているはず。


Sponsord Link




インターネットは敵なのか


テレビから離れた人が多い一方で、
インターネットでは動画が次々に話題になります。

YouTube で話題になっている動画は
それをテレビ番組で紹介するという現象が当たり前に。

yjimage

好きな時に好きな動画を検索して見られるのに、
なぜわざわざテレビでネット動画を見る 必要が?と
誰しも思うのではないでしょうか。

テレビはネットを敵対して考えていては
10年後に存在価値がなくなってしまうのではないかと
戦々恐々としているのが伝わってきます。


テレビは10年後も必要でしょうか


テレビは必要ないと考えている人が増えている反面、
一日のなかで多くの時間をテレビの前で過ごしている
人がまだまだいるのも事実です。

アメリカを例にすれば、平均的に 一年のうち二か月
テレビを見る時間に費やしているんだとか。

yjimage

それは興味を持って時間を有効に使っているのか、
それともただ習慣としているだけなのか不明です。

ただ興味深いデータがあります。

一日に30分以上テレビを見る人 と、
30分未満しか見ない人を比較したデータ として
人生への満足度を問うた結果です。

30分未満しかテレビを見ない人の方が
満足度を感じている というのです。

テレビを何となく見ている時間は
幸福だと感じないという結果が見えてきます。

この結果から 今後のテレビの未来
少し見えてきたような気がしませんか?

10年後にテレビがどのように存在 しているのか
グーグルのCEOには見えているのかも知れませんね。

テレビが大分安く変える時代に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る