死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?

食生活に気をつけることの意味とは?



私たちが普段口にする食品は、
自然に栽培されたものはほとんどありません。

野菜にも農薬が使用されることもありますし、
加工食品には細胞機能を破壊する恐れ もあるほど
恐ろしい 添加物が山ほど入っています。

健康のために食生活を改善するために選ぶ食品や、
健康になるための サプリメントにも添加物は入っています。
yjimage
死ぬまでの速度を進めて、細胞にダメージを与える
恐ろしい食品について知っておきましょう。


保存可能な食品には注意!!


食品は常温で保存すると腐ったりカビが生えたりします。

それが当たり前のことなのですが、
加工された食品は常温で長期間保存 できます。

なぜなのか?
その理由は 保存料 防腐剤 を使用しているので
常温でも品質に変化なく保存 できるのです。

現在のような技術が発達する前には
人々は様々な知恵を使って食品の保存をしました。

天日に干して乾燥させることで保存をしたり、
自然界に存在する細菌で発酵させる方法などは
生活の中で編み出した保存方法です。

このような保存技術なら 防腐剤 保存料 による
身体への影響を心配することもありませんが、
人工的に加工して常温保存できるようにすると
体内の機能にダメージを与え続けること になるんです。


トランス脂肪酸は食品ではない?!


海外ではすでに規制が厳しくなっている トランス脂肪酸
マーガリンの原料や、スナック菓子などにも使用されます。
yjimage
トランス脂肪酸は食用油のように使用されていますが、
じつはその構造はプラスティックのようなものなんです。

実際にマーガリンが冷蔵庫に残ったまま、
数か月存在を忘れていても、カビも生えずに
変色した程度のままで保存可能です。

ある実験では、マーガリンを皿に乗せて、
バターと並べて置いておくと、
バターには虫が寄ってくるのに対して、
マーガリンには虫さえ寄り付かなかったという結果もあります。

虫すら危険を察知して寄り付かない危険なもの
口にしている私たち。

食生活を改善することがとても難しいことだとわかります。

Sponsord Link


危険な食品がダメージを与える細胞とは



食品に含まれる毒性のある成分は、
肝臓で浄化しようとします。

肝臓は体内のろ過装置のようなものなんです。

しかし肝臓にも限界があります。
毎日のようにフル回転で浄化をしていると
肝臓機能がパンク してしまいます。

肝臓の機能が低下してしまうと、
体内に分解されない毒素が流れ出してしまい、
様々な臓器にダメージを与えるようになります。

免疫細胞や自然治癒力を高める細胞 など、
健康な身体を維持するための細胞たちが
徐々にダメージを受けてしまうことが
恐ろしい病気の引き金 になることもあるんです。



食べ物を口にする時に注意すべきこと


色々と怖い要素を含んでいるけれど、
それが害を及ぼすものとは一切表示されないまま
店頭では食品を手軽に購入できます。

気にし過ぎてしまえば、現在の日本国内では
普通に食事をすることすら難しくなってしまいます。
yjimage
神経質になり過ぎてストレスを蓄積することも
良いことではありませんからジレンマになってしまいます。

注意すべき点を絞り込み、
添加物に何が含まれているか、
保存方法や保存期間を確認するようにしましょう。

不自然に長い保存期間 のものや、
人工的な成分がズラッと並んでいる表示 を見たら注意です。

マーガリンよりはバターを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る