スコーンが膨らまない原因は何?保存方法・賞味期限は?

スタバなどのカフェメニューでも定番の
スコーンはサクサクして美味しいですよね。

コーヒーとの相性は抜群 です。

そしてスコーンは、
自宅で手作りしても美味しくできるので、
初心者のお菓子作りにはぴったりです。



スコーン発祥の地は?


スコーンと言えば、わたしたち日本人には
アメリカンスコーン の方がお馴染みなのですが、
スコーンの発祥はスコットランド なんですよ。
yjimage パンよりもずっしりと思く
固めに焼いたもので、
ドライフルーツなどを入れることで、
お菓子として食べられることが多いです。

スコットランドから イギリス全土 に広まり、
それがアメリカにも伝わって、
アメリカンスコーンとなっています。

スコットランドから広まった
プレーンタイプのスコーンは、
アメリカでは ビスケット と呼ばれることもあります。

Sponsord Link


アメリカンスコーンの作り方


チョコチップ入り のポピュラーな
アメリカンスコーンの作り方をご紹介します。
yjimage

材料


薄力粉 150g
準強力粉 50g
ベーキングパウダー 10g
グラニュー糖 30g
塩 2g
無塩バター 50g
チョコレート 30g
牛乳 100ml

【道具】
ボール
ゴムへら
クッキングペーパー
スケッパー
粉ふるい

作り方・下準備


1.バターを1㎝くらいの角切りにします。

2.バターは 冷蔵庫で冷やしておきます

3.薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーを
一緒にふるいにかけて空気を含ませておきます。

4.オーブンを190℃に予熱しておきます。

5.天板にクッキングシートを敷いておきます。

ここまでは下準備のプロセスです。





作り方


1.ボールにふるいをかけた粉類とグラニュー糖と塩を入れ、
泡立て器で空気を含ませるように混ぜます。

2.冷蔵庫からバターを出して粉に入れて
スケッパーで 切るようにさっくり と混ぜます。

3.バターの粒が残っていても大丈夫です。

4.粉に牛乳を加えて さっくり と混ぜます。

5.粗めに切ったチョコレートを生地に入れ、
軽く伸ばしたら折り畳むように重ねます。

6.3層になるくらいに折り畳んだら
2センチくらいの厚みにして丸く成型します。

7.6等分にカットして天板に並べます。

8.オーブンで190℃25分焼きます。

これでアメリカンスコーンの完成です。

とっても簡単なレシピ動画も見つけました。


失敗しないためのポイント

yjimage スコーンは簡単な工程で作れますが、
膨らまない とか、 サックリしなかった という失敗もあります。

失敗する原因は、

・粉をよく振るわない
・バターが常温で溶けている
・粉を捏ねすぎている


このようなことが考えられます。
粉をしっかりふるって空気を含ませると
サックリします。

バターが溶けていると
生地が固まりやすくなります。

粉を捏ねすぎる と、グルテンが強くなって
膨らまなくなるので、さっくりと混ぜるのがコツ です。

スコーンの保存と賞味期限


自宅で作ったスコーンは、
常温保存でもOKです。

常温でも3日は美味しく食べられます。
ただ、チョコレートが溶けるくらいの気温の時は、
できるだけ涼しいところに保存しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る