ブラウニーの意味って何?焼き時間の目安は?賞味期限や日持ちさせる方法

チョコレートをしっかり味わえるお菓子なら、
やっぱり ブラウニー が一番という方は多いはず。

少しビターなチョコレートのブラウニーは
大人の午後のくつろぎにピッタリです。

チョコレートを使ったスイーツは
種類がとても豊富です。

ブラウニーが生まれたきっかけなど
ブラウニーに関する情報をご紹介しましょう。

ブラウニーの歴史


ブラウニーが初めて世の中に誕生したのは
1893年にシカゴで開催された万国博覧会 からです。
yjimage 万博をきっかけにして生まれる食べ物やお菓子は
他にも色々探すと出てくると思うので、
万博と関係するお菓子について調べるのも
お菓子の歴史を知ることもできて楽しそうです。

ブラウニーが生まれたきっかけは、
万博に参加する女性スタッフたちのために、
手軽に箱から出して食べられるようなお菓子
作ったことが始まりということです。



ブラウニーの名前の由来


ブラウニーという名前は、
チョコレートの色(ブラウン)から
イメージされて名付けられたと思っている人が
多いようですが、じつは違うみたいです。
yjimage もともとのブラウニーは、
ハチミツのケーキ のことを指していて、
今のチョコレートをたっぷり使ったブラウニーとは
違うものだったのです。

現在のようなチョコレートをたっぷり使った
濃厚なブラウニー となったのは
その後作り方が色々変化して生まれました。

Sponsord Link


ブラウニーの簡単な作り方


【材料1】
薄力粉 50g
アーモンドプードル 50g
ベーキングパウダー 小さじ1
ココアパウダー 大さじ5

【材料2】
生クリーム 50g
グラニュー糖 50g
無塩バター 50g
はちみつ 大さじ1

【材料3】
チョコレート 150g
たまご 2個
板チョコ 1枚
アーモンドスライス 35gほど
粉砂糖 小さじ1

【作り方】

1.天板にオーブンシートを敷く
2.材料1を合せてふるいにかけておく
3.材料2を耐熱ボウルに入れる
4.チョコレートを細かく刻む
5.タマゴを溶く
6.3の耐熱ボウルをレンジに入れる
7.耐熱ボウルを1分、30秒と刻みながら混ぜ完全に溶かす
8.完全に溶けてから刻んだチョコを入れて混ぜる
9.チョコが溶けてから溶いたタマゴを入れてよく混ぜる
10.ふるった粉類を入れてすくい上げるようにして混ぜる
11.板チョコを細かく割って混ぜる
12.天板に流しいれて平らになるように伸ばす
13.アーモンドスライスをふりかける
14.170℃で30分焼く
15.アーモンドがきつね色になるまで焼きます
16.冷めてから粉糖をふりかけます

ブラウニーの基本の作り方です。
生地がもったりしているので、混ぜるのに
少し苦労するかも知れませんが、
コクのある濃厚なブラウニー のために頑張ってください。

ブラウニーの保存方法


ブラウニーは、常温でも保存はできます。
夏は常温保存は避けた方が良いですが、
涼しいところなら、常温でも3日は大丈夫でしょう。

冷蔵庫に入れれば 1週間 くらいは保存できます。

食べる前に常温に戻しておくと良いですね。

もしもバレンタインなどに
ブラウニーをプレゼントする場合や、
年末年始のイベントに持参する場合などは、
作った翌日 の方が生地がしっとりと落ち着いて
美味しくなるので、前日に作っておくと良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る