シフォンケーキはどれくらい日持ちする?保存方法は冷凍もOK?しぼむ原因は?

ふんわりとした軽さが印象的な
シフォンケーキ は、
女性に大人気ですよね。

シフォンケーキが 女性に愛されるそのヒミツ や、
シフォンケーキに関するアレコレをご紹介しましょう。

シフォンケーキの歴史


洋菓子として日本でも人気のあるものは、
そのほとんどがヨーロッパで生まれたものが
多いのですが、シフォンケーキは
1927年にアメリカで誕生しました。
yjimage シフォンというのは、
薄くやわらかな布 のことなので、
シフォンケーキというのは、
まさにその生地を表現するように、
軽くて滑らかで柔らかい というのが特長です。


シフォンケーキはダイエットにおすすめ


シフォンケーキは、サイズのわりには
カロリーが控えめなので、
ダイエット中の女性にも人気があります。

ダイエット中でも、
甘いお菓子がどうしても食べたくなることがあります。

そんな時に、ひたすらガマンしてしまうと、
ストレス になってしまいます。

ガマンできなくて
爆発しちゃうと危険です。

シフォンケーキは、罪悪感の少ないスイーツなので、
女性に愛されているのでしょう。

プレーンシフォンケーキのカロリーを
参考にすると、100g290kcal です。

シフォンケーキはとても軽いので、
カットしたケーキなら 150kcal くらいです。

生クリームやジャムなど、
トッピングするものによっても違いますが、
外食でシフォンケーキを食べる時のカロリー
参考にしてみましょう。

ドトールの紅茶シフォンは 331kcal
スターバックスのマンゴーシフォンケーキ 256kcal
ココスの紅茶シフォンケーキ 207kcal です。
yjimage ポピュラーなイチゴショートの
1カットのカロリーが 370kcal くらいですが、
少し大きなサイズならもっと高カロリーなので、
シフォンケーキのカロリーが控えめことがわかります。

Sponsord Link



シフォンケーキをしぼませないコツ


シフォンケーキを家で作ると、
お店で売っているように膨らまなくて、
しぼんでしまうことで失敗することが多いです。

シフォンケーキがふんわりと 膨らまない原因 は、
しっかりと泡立てないことです。

卵黄、グラニュー糖、サラダオイル、牛乳、薄力粉
順番にボウルに入れて混ぜますが、
全てが乳化するまでしっかり混ぜる ことが重要です。

そしてメレンゲ作りもポイントなので、
とにかく 泡立てが重要 なので、
手抜きをしないで、時間をかけてしっかり泡立てることが
しぼむ失敗を防ぐカギです。



シフォンケーキの保存方法


シフォンケーキを保存する時は、
できるだけカット面を少なく して
ラップをふんわりとかけて保存します。

常温保存なら2日から3日以内、
夏場はその日に食べた方が良いと思います。

冷蔵保存は4日から5日
冷凍は長期保存できます。

冷凍保存する場合は、
食べる分量にカットして
個別にラップに包んで潰さないようにします。

解凍する時はラップを緩めて、
自然解凍で2 時間~3時間 が目安です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る