アガパンサスの育て方で株分けや植え替え方法はどうする?花言葉は?

アガパンサス は、とても強い植物です。

南アフリカが原産で、とくに 難しい手入れを
必要としない
のに、毎年キレイな花を咲かせます。

ガーデニングをこれからはじめてみたいと
考えている初心者の方にも簡単 です。

アガパンサスの育て方の ポイント
ご紹介します。


アガパンサスとは


yjimage
アガパンサスは、毎年花を咲かせる多年草で、
種類は10種類以上、20種類 ほどあります。

冬になっても枯れないまま、
葉を維持するタイプの 常緑種 と、
冬になると一旦は葉を枯らせて、
温かくなるまで休眠する 落葉樹 があります。

とても強く、育ちやすいので、
露地植えの植物 に向いています。

街中でもよく見かけるのも
育てやすく、生命力が強いからでしょう。

アガパンサスの増やし方


アガパンサスは、花が咲き終わった後 に、
さやができて、その中に があります。
yjimage 種をまけば、それを育てて増やすことも
難しいわけではありませんが、
種から育てるとなると、花を咲かせるくらいの
大きさに育つのに5年から6年くらい かかってしまいます。

なので、 株分け をするのが
早く増やすためには簡単でおすすめです。

株分けをするタイミングは、
植え替え、植え付けに適している時期
行うといいでしょう。

Sponsord Link


植え替えの時期と方法


アガパンサスの植え替えに適している時期はあ、
春なら4月~5月、秋は9月~10月 です。

鉢植え で育てている場合、
根が鉢の底から出るようになったら
早めの植え替えをすることです。

根が張るのが早いので、
あまりにも根が張ってしまうと、
鉢から植え替えるのが難しくなります。

土に直接植えている場合は、
そんなに植え替えのタイミングを
気にしなくても大丈夫です。

放っておいても、丈夫に育ちます。

ただ、あまりにも混みあっている場合は、
株分けをします。
3年~5年に一度くらいのペース でも
問題はありません。

病気や害虫に注意するポイント


アガパンサスは、道端でも自然に自生するほど
強く、生育力がある植物なので、
病気や害虫の被害 は、ほとんど心配ありません。

水のやり過ぎ で根腐りを起こすことがあるので、
土が乾いたら水を与えるようにします。


アガパンサスの花言葉


アガパンサスは、別名「紫君子蘭 」と言います。

花言葉は、 恋にまつわる言葉 が多く、
ヨーロッパでは、恋愛を象徴する花として、
女性に愛されている花なんですよ。
lelaxation_s アガパンサスの花言葉は、

「恋の訪れ」
「ラブレター」
「恋の季節」


恋愛モードになりたい時に、
お部屋の中に飾ってみるのも素敵でしょう。

花の色も、青紫、紫、白、ピンク など、
お好きな色を楽しめるのも魅力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る