夾竹桃(キョウチクトウ)は毒性があって危険?致死量は?花言葉の意味とは

夾竹桃(キョウチクトウ) は、
生命力が強い植物です。

そのため、公道の道端でも
見かけることがあります。

街中でよく見かける夾竹桃ですが、
育てたことはありますか?

夾竹桃について、
知っておきたいことを解説します。




夾竹桃とは


夾竹桃は、もともと日本にある植物ではなく、
インドから中国に伝わり、
そして 中国から18世紀ごろに
日本に伝わった
植物です。

花の色は、白、赤、ピンク、黄 など、
バリエーションが豊富にあります。
yjimage 花が咲く時期は、
日本の夏の期間になります。

ちょうどジメジメとした
梅雨の時期から咲き始め、
9月ごろまで続きます。

本来は熱帯性なのですが、
これが 生命力が強い ので、
冬にも強く生き延びるので、
日本では、北関東から東北 まであります。


Sponsord Link



夾竹桃には毒がある?


夾竹桃の花言葉は、
ちょっと危険なイメージ の言葉が多いです。

「油断大敵」
「危険な愛」
「用心」

ちょっと怪しい花言葉ですよね。

その由来は、夾竹桃には
毒がある ことが由来していると思われます。
yjimage 普段、何気なく見ている花や野草の中には、
生命に危険を及ぼす ような
強い毒性を持つものが数多くあります。

夾竹桃もその一つです。


夾竹桃の毒性のレベル


夾竹桃の毒の種類は、
オレアンドリン というものです。

これは、 青酸カリよりも
強い毒性
があります。

しかも、夾竹桃の葉、花、根など、
全ての部分に毒を含むだけではなく、
その周辺の土壌にも毒を含む のです。

歴史上では、夾竹桃で死亡した例はいくつもあります。

致死量は0.3㎎程度

心臓を収縮させて発作を起こしたり、
強い痙攣や下痢など、
全身に毒の影響を発します。



夾竹桃の毒での死亡例


夾竹桃の毒には、下痢やおう吐、めまい など、
食中毒のような症状があるのですが、
死亡するようなケースでは、
心臓発作 を起こします。
yjimage 夾竹桃は、とても強い植物なので、
育てやすく、キレイな花も咲かせるので、
気軽に育てられるのは魅力 ですが、
毒性が強いことだけはしっかり確認しましょう。

1975年に、 フランスで起きた夾竹桃による
中毒死のケース
では、
枝をバーベキューの串に使っただけで
7人が死亡 してしまうという事例がありました。

家畜への被害もあるので、
育てる場合は、注意する必要があります。

致死量0.30㎎と言われても
ピンとこないと思いますが、
枝を串代りにしただけで、
死亡してしまったケースがある
というのは、
ごくわずかでも危険だということが
イメージできるのではないでしょうか。

毒にだけ注意すれば、
育てやすい夾竹桃です。

参考にしていただけたら嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る