2015熊野大花火大会はいつ?混雑でも大丈夫なおすすめスポットはここだ!

全国花火ランキングでも、
毎年トップ10にランクイン している、
熊野大花火大会 」が今年も開催されます。
300年もの伝統と歴史を誇る花火大会 ですが、
その起源は、お盆の初精霊供養。
その際、簡単な花火を打ち上げたことにはじまりました。
今では規模が拡大し、
どの大掛かりな花火の迫力で有名になりましたが、
今でも300年前の初精霊供養の目的を忘れることなく、
「灯籠焼き」や「追善供養」の打ち上げ花火も行われています。


<熊野大花火大会 開催日時>

8月17日 19:00-21:30
荒天の場合 8月18日(火)・24日(月)・25日(火)・31日(月)のいずれかに順延。

<熊野大花火大会 開催場所>

三重県熊野市三重県熊野市 木本町~井戸町 七里御浜海岸

<アクセス方法>

電車でのアクセス
・JR名古屋駅(名鉄名古屋駅)- JR熊野市駅 ー 徒歩約5分
(利用:特急ワイドビュー南紀で3時間10分)
・JR新大阪駅 ー JR新宮駅 ー JR熊野市駅 ー 徒歩約5分
(利用:特急スーパーくろしお・JR特急オーシャンアロー)

車でのアクセス
・大泊ICより国道42号線を南下約5分
・尾鷲北ICより国道42号線経由で南下約40分
当日は尾鷲南IC~大泊IC間で交通規制があります(8:00-21:00)

Sponsord Link



花火は海岸から400メートルほどの海上で打ち上げられるので、
その打ち上げ場所と周囲の立地の関係で,
見晴らしもかなり良く、
広範囲で遠くからでもキレイに見ることができます。

kumano2




広範囲で遠くからでも見える!
とはいえ、仕掛け花火などの迫力のあるものは、
至近距離で見たいもの!

やっぱりできるだけ近くで、
その臨場感を味わいたいですよね。

そのために、
有料桟敷席と有料浜席 が用意されるのですが、
6月の発売後、
残念ながら すでに完売 とのこと・・・!
ただし! 当日潮が引いている場合には、
当日券マス席(5名・1万円)の販売があるかもしれません
詳細は以下までお問い合わせください。
熊野市観光協会  0597-89-0100

有料席チケットが完売でもまだダイジョウブ!
いくつかの穴場スポットをシェア しちゃいます♪

kumano4

【花の窟神社】
ここは、大人のデートにもってこいかも。
ちょっと落ち着いて
ゆっくりと鑑賞したい方におススメ です。
会場からはちょっと離れていますが(約1キロ)、
今はまだ「穴場スポット」なので、
それほど混むこともないと思います。

【七里御浜の獅子岩より南側】
ここからの眺めはとってもいいので、
花火鑑賞とともに、
キレイな花火を写真やビデオで撮影したい方 にもおススメです♪
(ピクニックシートや折りたたみ椅子持参がいいでしょう)

【予約済みビューポイント】
熊野大花火大会を見に、
宿泊込みで来られる方は、
実は一番のビューポイントをすでに手に入れています!
それは、会場に足を運ばずとも、
ご自分の宿泊ホテルや旅館から、
十分に鑑賞できるということです♪♪

ただし、花火大会には毎年20万人以上の人が訪れるので、
ホテルや旅館の予約は早めに!
そして滞在型鑑賞をお考えの方は、
予約の際に「ビュー確認」 をしておきましょう。

熊野大花火大会の見どころは3つ。
「海上自爆」「三尺玉海上自爆」「鬼ヶ城大仕掛」

海上自爆 」は、
全速力で走る2隻の船から、
点火した花火を次々と海の中に投げ入れます。
そして海上に半円形の大輪の花を咲かせます!

kumano3

三尺玉海上自爆 」は、
海岸から400メートルの沖合に浮かべたイカダに、
250キロもの三尺玉を設置。
そしてそれをそのまま爆発させるという、
あまりにも過激な水中花火。
これもまた、
直径600メートルもの大きな大きな半円の花を咲かせます。



そして、肝に響く「 鬼ヶ城大仕掛 」の衝撃!
大花火大会のフィナーレを飾るのがコレ!
国の名勝天然記念物である鬼ヶ城の洞窟や岩場を利用し、
そこに花火を仕掛けます。

kumano5

8号から二尺玉の花火球をそのまま直に置き、
そして「 そのまま爆発させる 」という、
何とも大胆な仕掛け花火。
花火の自爆音とともに、
その爆風もさることながら、
岩場という特殊な場所での花火爆発は、
岩や洞窟の中を 爆音が反響 し、
それが共鳴しながらどんどんと広がっていきます。
爆発した花火は海上自爆花火同様、
半円の扇状のまま大きく開き、
見ている人たちの 肝にも響く
大迫力満点の〆の花火 です。

見るだけじゃなくカラダで感じるド迫力!
熊野の花火は、何といっても「迫力」と「臨場感」。
こんな花火は、そんじょそこらで見ることはできません!

今年こそはあなたも是非・・・
「見るだけの花火」から、
全身で感じる「体感花火」を~!




<問い合わせ先>

熊野市観光協会  0597-89-0100


今年は浴衣で♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る