2015関門海峡花火大会(福岡)のアクセス方法や見どころは?絶景ポイントまとめ

九州の人気花火大会ランキング 堂々第二位!
第28回関門海峡花火大会 が、
今年もいよいよ開催です!

そもそも「 関門海峡 」とは、
本州側の山口県の「 下関 」と、
九州側の福岡県北九州市の「 門司 」に挟まれた海峡、
ということで、その名が付けられた場所。
そこで開催される花火大会ということで、
国内でも珍しく、
1988年より 2つの市 によって、
合同で開催 されているのが、
この「 関門海峡花火大会 」です。

<関門海峡花火大会 開催日時>

8月13日(木) 19:50-20:40

<関門海峡花火大会 開催場所>

山口県下関市唐戸あるかぽーと地区・22号岸壁周辺・カモンワーフ・唐戸市場
福岡県北九州市門司区西海岸埋立地

2つの市の合同ということで、
海峡を挟んで、 会場も2か所 になります。
それにより、花火の見どころや交通規制なども、
対岸で各々違うので、
2つに分けてお知らせしますね♪

kanmon1

山口県下関市側

<アクセス方法>

今年から、 一般車両は「あるかぽーと駐車場」を利用できず
また特設駐車場もありません
例年大変な交通渋滞なので、
車ではなく公共交通機関をおススメ
します。

電車でのアクセス : JR下関駅東口 あるいは JR 下関駅より 徒歩約20分
             JR 下関駅より唐戸経由バスで約5分 海響館前下車すぐ  
JR下関駅・メイン会場ともに工事中なので、時間に十分余裕をもって移動してください。

<鑑賞スポット>

1) 巌流島
有名な観光地でもありますが、花火を見るのも一番におススメっ!
下関の唐戸桟橋と門司港レトロ内桟橋から、巌流島行きの船が出ています。    
2) カモンワーフとその周辺
有料観覧席に近いので、かなり迫力ある花火を見ることができます。    
3) 海響館
水族館内からの鑑賞。海響館の出口が花火打ち上げ方面にあるので、場所的にも問題なし。
館内からだと全面ガラス張りで見晴らしもOK。しかも冷房完備!
4) 唐戸市場周辺
海沿いにウッドデッキがあるので、シートを敷いてそこから鑑賞!
5) 火の山公園
ここはすでに夜景スポットとしても有名ですが、花火鑑賞としても穴場スポット! 
花火はやや距離がありますが、美しい夜景に打ちあがる花火が見られるということで、
かなりの人気スポットです。 
6) 海峡ゆめタワー
打ち上げ会場からは約1.5キロの距離なので、多少遠目ではありますが,
タワーからは下関側と門司側の両方の花火が一度に楽しめる特別スポット。
ただし入場料が別途かかります♪
                     

Sponsord Link

                     
                    
                   

<有料観覧席>

お問い合わせ先 : 一般財団法人 下関21世紀協会  083-223-2001

<交通規制>

唐戸から細江周辺  16:00 – 22:30  
下関海峡交番周辺 21:00 – 23:30 一部規制区域有り
19:00- 23:00  JR下関駅前・人工地盤下(山口銀行駐車場・ヴェルタワー下関~JR下関駅前までのすべての区間)が車両通行止めとなり、歩行者専用となります。

shimo2013 kisei

北九州市門司側

<アクセス方法>

会場内は、当日、 関係者以外の車両進入はすべて禁止 になりますので、
車ではなく公共交通機関をおススメ します。

電車でのアクセス : JR 鹿児島本線 門司港駅より 徒歩約5分

<鑑賞スポット>

1) 風師山展望広場
地元の人はみーんな知ってるスポット!
展望台からの眺めはベストですが、みーんな知ってるのでかなりの混雑が予想されます。
2) ブルーウィングもじ周辺
門司港にかかる跳ね橋ですが、花火打ち上げの間は、
跳ね橋があげられるので、打ちあがる花火がとてもキレイに見られます。
3) マリンゲートもじ
ここも定番スポットのひとつ。
打ち上げ会場に近いので、かなり迫力のある花火を満喫できますが、
「絶対に混むこと間違いなし!」なので、
行かれる方はかなり早めに行って場所取り必須です。
4) 片上海岸
下関の夜景がとってもステキに見える場所としても有名・・・
ということは、花火との融合を期待する人もたくさん集まります! 
おススメ穴場スポットですが、ここも早めに行って場所取り必須。
5) 門司港レトロ展望室
高層マンション「レトロハイマート」31階にあり、ガラス張りなので見晴らしも最高です。
なかなかの穴場スポットです。入室料金が別途かかります。

<有料観覧席>

お問い合わせ先 : 関門海峡花火大会門司事務局 093-331-8781

<交通規制>

17:00-24:00 国道198号線と国道3号線から海岸方面(レトロ地区)への進入道路規制対象区域。

moji kisei moji kaijouzu




今年はどちら側のどこから見ましょう?
国内でも珍しい「 海峡を挟む花火大会 」。
関門双方から各約7,500発ずつ、
総計 15,000発もの花火 が打ち上げられます。
沖合300メートルの台船から、
双方が競い合うように打ち上げる花火・・・!
どこから見てもその迫力には ため息が出るほど です。
この珍しい花火大会、
是非一度は足を運んでみたいですね♪

<お問い合わせ先>

下関21世紀協会 083-223-2001・223-0100
関門海峡花火大会門司事務局 093-331-8781


今年は浴衣で♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る