トリュフの丸め方のコツは?どれくらい日持ちする?賞味期限や保存は?

トリュフと言えば
世界三大珍味の一つとして有名なキノコですよね。

黒トリュフは黒いダイアモンドとも呼ばれ、
とても高級な食材として扱われています。

チョコレートにもトリュフ がありますが、
キノコのトリュフを使うわけではなく、
ただ、カタチが似ているので、
そう呼ばれるようになったのだとか。

トリュフチョコレート を作るコツを
ご紹介します。





トリュフと生チョコの違い


yjimage トリュフは滑らかな口どけが特長なので、
生チョコレートと同じものだと思いがちですが、
トリュフはチョコレート・ボンボンの仲間です。
yjimage ガナッシュを丸くして、
その上にチョコレートでコーティングをし、
さらにココアパウダーをまぶしたものが
トリュフと呼ばれる チョコレート菓子 になります。

Sponsord Link



トリュフの作り方


材料


約15個~20個分

【ガナッシュ用】

ミルクチョコレート3枚 (150g)
生クリーム 70cc


【コーティング用】

ミルクチョコレート2枚 (100g)


【仕上げ用】

ココアパウダー 適量



作り方


1.ガナッシュ用とコーティング用のチョコは
細かく刻んでそれぞれのボウルに入れる。

2.まな板にオーブンシートを広げておく。

3.生クリームを鍋に入れて中火にかける。

4.刻んだガナッシュ用のチョコレートを鍋に入れて
泡立て器で混ぜながらクリーム状にする。

5.クリーム状になったら少し硬めになるまで冷ます。

6.オーブンシートに同じ量だけすくい並べる。

7.冷蔵庫で15分~30分くらい冷やす。

8.ガナッシュを手の平で丸める。

9.コーティング用のチョコレートを50℃くらいで
湯煎しながら溶かす。

10.手の平に溶かしたチョコレートをつけて
ガナッシュを転がしてコーティングする。

11.ココアパウダーを入れたバットに転がして
表面にまぶす。


これでトリュフに完成です。

ガナッシュを丸める時のコツ


ガナッシュは冷やし過ぎると丸くなりにくいので、
もったりとしたクリーム状を目安にします。

手の平 が温かいと丸める時に
べチャッとするので、
手を冷水などで冷たくして
力を入れずに丸めるのがコツです。

トリュフの保存


手作りのトリュフの賞味期限は、
冷蔵庫で約3日~4日 です。

長く冷蔵庫に入れておくと
表面がカチカチになって乾くので、
あまり長く保存はできません。

温かい季節は常温では保存が難しいので、
できるだけ涼しい場所
早目に楽しむようにしましょう。

長く保存するためには、
お酒 を入れて生クリームの分量を
減らすなど工夫が必要です。

冷凍保存もできますが、
解凍する時に結露しやすく、
味も舌ざわりも落ちるかも知れないので、
手作りしたら早めに食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る