諏訪大社のゼロ磁場とパワースポットの関係は?七不思議だけど実は11個?

諏訪大社のゼロ磁場とは?

お諏訪さまとして長野県諏訪地方の
地元信仰を集めている諏訪大社

最近ではパワースポットとして
全国からも多くの人が訪れます。

七不思議の伝説やゼロ磁場のパワー など
諏訪大社には神秘が溢れています。

不思議な事ですが、有名な神社であったり
話題のパワースポットはゼロ磁場に
建てられていることが多いのです。

諏訪大社のその一つです。

諏訪大社の他にある全国のゼロ磁場


・伊勢神宮 三重県

・真言宗高野山 和歌山県

・豊川稲荷 愛知県

・箱根神社 神奈川県

・日光東照宮 栃木県

・分杭峠 長野県

yjimage

諏訪大社の他にもこのような 有名な
寺社仏閣がゼロ磁場に建てられています。


ゼロ磁場について科学的な根拠など
まったく解明されるずっと前に
建てられたのが不思議なことですね。

Sponsord Link


ゼロ磁場のパワーとは

諏訪大社をはじめ、ゼロ磁場が
パワースポットとして話題になるのには
それなりに理由があるはずです。

ゼロ磁場というのは、
その名の通り磁力のない場所のことです。

地球はN極とS極の磁力がありますが、
ゼロ磁場はN極とS極がぶつかる場所
どちらにも振れないところなんです。

特別なエネルギーが生まれる場所なので
身体の不調が改善されたり、
心が平穏になるなど、不思議なパワー
感じることができるようです。

日本国内だけじゃなく、
世界的にもゼロ磁場の場所には
パワースポットが多いのは偶然ではなく

ゼロ磁場にある不思議パワーを
古来の人たちは感じていたからなのでは?

諏訪大社の七不思議伝説

七不思議 と聞くと、ちょっと不気味な
都市伝説のようなものをイメージする人も
少なくないと思います。

でも諏訪大社に伝わる七不思議は
ホラーや怪談話 のようなことではなく、
自然現象が主なことです。

そして七不思議というからには
七つの不思議な伝説のはずなのですが、
諏訪大社では上社と下社の別々で
同じ現象が違う言い伝えに変化して
残っていることもあるので、
七不思議なのに11個の伝説 があります。

【上社】

・元朝の蛙狩り

・高野の耳裂鹿

・葛井の清池

・宝殿の天滴

・御神渡

・御作田の早稲

・穂屋野の三光

【下社】

・根入杉

・湯口の清濁

・五穀の筒粥

・浮島

・御作田の早稲

上社と下社で同様の伝説があるので
11個もあると言われていますが、
七不思議として数えられるものは
7つの言い伝えや現象として残っています

特に有名な御神渡
湖面が凍った諏訪湖に起こる
不思議な現象から伝わっています。
yjimage
日本で初めてフィギアスケートの
公式試合が行われた諏訪湖ですから
かなり氷が厚くなるのですが、
その氷に現れる現象が御神渡です。

この自然現象が起きた時に
無形民俗文化財と指定されている
御渡り神事がとり行われるほど
諏訪大社には大きな現象なのです。

諏訪大社の七不思議を求めて
出かけてみてはいかがでしょう。

★こちらの記事もどうぞ
諏訪大社のアクセスや駐車場情報まとめ!縁結びお守りの効果はいかに?

こんなものも♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る