隅田花火大会は何時から?プログラムや歴史・人数どれくらい?花火は何発?

隅田川花火大会 は長い歴史があり、
東京の花火大会としては
東京湾と江戸川区の花火大会と並び
三大花火大会の一つ となっています。



隅田川花火大会の歴史


隅田川花火大会の始まりは
1733年(享保18年) にまで
さかのぼります。

この年の前年、江戸の町では
コレラが大流行しました。
同時に 大飢饉 で多くの死亡者が出たことで
江戸幕府8代将軍徳川吉宗公
死者の霊を慰めて、災いを払う意味で
川開きの日に水神祭を行いました。

その時に花火を打ち上げたことが
現在の 隅田川花火大会の始まり です。

花火が打ち上がる時に
「玉屋~」とか「鍵屋~」 という
掛け声を上げるのは、隅田川の花火から
始まったことです。
yjimage 初期のころは 鍵屋 が担当していましたが
後に鍵屋から暖簾分けをして 玉屋
創業されたことから、 二つの店が担当し、
お互いに競い合ってきました。



隅田川花火大会の歴史は浅い?


隅田川花火大会の歴史は
江戸時代までさかのぼるのに、
隅田川花火大会という名前になったのは
まだ歴史的には浅い
ものなんです。

この名称になったのは昭和53年からで、
それ以前は「 両国の川開き 」と呼ばれて
守られてきた花火大会なのです。

この周辺の地域は第二次世界大戦中には
空襲で甚大な被害を受けました。

戦後の復興で高層の建物も増えてきて
花火大会を楽しむことが難しくなると
懸念されたこともありますが、
東京の夏の象徴 として多くの人たちが
楽しみにしている花火大会です。

Sponsord Link


隅田川花火大会の日程


2016年の隅田川花火大会
スケジュールです。

日程は例年と同じく
7月の最終土曜日になります。

平成28年7月30日

天候が荒れた場合は7月31日に伸びますが
二日間とも実施できないような天候なら
中止となります。

時間は19:05~20:30 となります。



隅田川の花火は何発?


打ち上げ花火の数は
第1会場と第2会場を合せて
約20,000発
を予定されています。

第1会場
桜橋下流~言問橋上流
約9,350発(コンクール玉200発を含む)

第2会場
駒形橋下流~厩橋上流
約10,650発

観客数はどれくらい?


隅田川花火大会の観客数は
第1会場と第2会場を合せて
約95万人が予測されています が、
会場以外での見物をする人も含めると
観客数を把握する ことは難しいでしょう。

歩くのも大変になるほどの混雑の中を
避けたい人は屋台船での見物を
早い時期から予約しています。
yjimage 観賞に適した施設の利用も
この日は予約になりますね。

歩きながら見物できるスポットを探すのも
この花火大会の醍醐味ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る