東大寺のアクセス方法や時間・拝観料は?見所はどこ?駐車場もある?

今さら説明する必要もないかも知れません。

奈良の東大寺と言えば、
日本で一番有名な大仏様がいらっしゃる、
奈良を代表する寺院です。

かつて、奈良時代という
奈良にこの国の重要な施設が集まっていた
まさに奈良が都だった時代がありました。

その華やかな奈良時代を象徴するような
奈良の大仏様は、奈良で最も有名な
観光スポットでもあるのです。

修学旅行はもちろんのこと、
海外旅行者たちにも人気のある奈良東大寺。

行ったことがある人も、
一度も行ったことがない人も、
奈良に訪れた際は、ぜひ大仏様を
拝みに行ってみましょう。


東大寺の拝観料

yjimage 東大寺の拝観料は

大人(大学生以上)500円
高校生      500円
中学生      500円
小学生      300円

上記の料金が入堂料として必要です。

大仏殿、法華堂(三月堂)、戒壇堂の
共通の拝観料
になります。

東大寺の歴史などを
わかりやすく解説してくれる
音声ガイドのレンタルもありますが、
団体用なので、個人での拝観では使えませんので、
ガイドについては東大寺に問い合わせてください。

Sponsord Link


東大寺の拝観時間


大仏殿、法華堂、戒壇堂の拝観時間は
季節によって違います。

11月~2月
開門8:00~閉門16:30

3月
開門8:00~閉門17:00

4月~9月
開門7:30~閉門17:30

10月
開門7:30~閉門17:00


東大寺の見どころ

yjimage 東大寺の中には、
大仏殿の他にも、
日本史に重要な建造物が数多くあります。

・大仏殿
・法華堂
・二月堂
・戒壇堂
・南大門
・転害門
・俊乗堂
・開山堂
・勧進所


じっくりと時間をかけて
東大寺の中を歩いてみるといいですよ。

東大寺をとりまく広大な敷地は、
奈良公園 として保護されています。

神の使いと言われる鹿が自由に歩き回り、
鹿とのふれあいも楽しめます。
yjimage 7月中旬から9月の末までの夏期は、
奈良公園一帯がライトアップされます

yjimage 東大寺でも、 大仏殿と南大門が
ライトアップされる
ので、
この期間も見ごたえがあります。


東大寺へのアクセス


JR大和路線、近鉄奈良線「奈良駅」 から
奈良市内を循環するバスに乗車します。

大仏殿春日大社前 」で下車して
徒歩5分ほどで到着します。

近鉄奈良駅からは徒歩約20分になります。

東大寺の駐車場


東大寺へ車を使って向かわれる場合は、
奈良県営の有料駐車場 を使うと便利です。

ただし、混雑時には
県営駐車場がバス専用になることもあるので、
その場合はGSパーク東大寺西門駐車場
利用してください。

周辺には有料駐車場もいくつかあります。

東大寺の周辺情報


東大寺周辺には、
立ち寄っておきたい名所も数多くあります。
image ・興福寺
・新薬師寺
・春日大社一の鳥居
・氷室神社国立博物館
・奈良国立博物館


興味深い展示をしている博物館 も多いので、
ぜひじっくりと時間をかけて歩いてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る