三十三間堂の拝観料は?歴史や見どころは?アクセス方法や駐車場もある?

蓮華王院の本堂「三十三間堂 」は国宝として
教科書にも掲載されることが多いので、
写真を見たことがある人は多いでしょう。

京都市東山区にあるこの本堂は、
日本の歴史を語る上では、
欠かせない建造物
となっています。

京都観光には外せない三十三間堂の
見どころやアクセスなどご紹介しましょう。




三十三間堂の歴史


三十三間堂は、 後白河天皇 が建立しました。
完成したのは1165年という記録があります。

後白河天皇と言えば、
即位から三年という短い期間で
二条天皇に生前譲位しましたが、
そのあと後白河上皇 として、
長い間政権を握ってきた人物です。
yjimage
三十三間堂は、そもそも御所に造営され、
その建設には、後白河上皇と縁の深い
平清盛 にも命じられたようです。

源氏と平家の戦い にも、
深く関わっていたという後白河上皇が、
自身のために建立した三十三間堂は、
歴史の中で重要なことが動く場所 だったとも
考えられるのです。
yjimage 完成した80年後に火災で焼失 しましたが、
その後も何度も再建、修復されてきて、
平安時代の後、室町時代になってからも、
足利義教によって修復されています。

三十三間堂と豊臣家


天下人となった 豊臣秀吉 は、
後白河院や、平清盛などの繁栄に
あやかろうとしたのか、
三十三間堂の隣に大規模な大仏殿方広寺
築いています。
image 秀吉が亡くなった後も、
秀頼がその意志を引き継いで、
三十三間堂の修復 にも尽力しています。

Sponsord Link


三十三間堂の拝観料


三十三間堂の拝観料は、
一般600円、中高生400円、子供300円 です。

車で向かわれる場合ですが、
蓮華王院の敷地北側に 無料駐車場 があります。

東川の北よりに入口があります。

収容台数は自家用車50台分 あります。
特別公開や縁日の日などは混雑しますので、
満車になってしまう場合もありますので、
ご注意ください。

拝観時間です。

8:00から17:00 まで開門しています。

11月16日から3月までは
9:00から16:00 までとなっています。


三十三間堂の見どころ


三十三間堂の見どころと言えば、
等身大の千体千手観音立像 です。
yjimage 千体の中の124体は平安期のものです。

1000体の観音様の中には、
必ず自分が会いたい人の顔に似ている仏像がいる
伝わっています。

都市伝説としては、
一体だけ笑顔の観音様がいて、
その観音様を見つけると幸せになれる
とか。

蓮華王院へのアクセス

yjimage
JR京都駅から市バスを利用します。

100系統、206系統、208系統で
「博物館三十三間堂前」で下車。

京阪七条駅からは徒歩7分です。

京都国立博物館もすぐ近くです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス急上昇↑注目記事

【完全無料】あなたもブログ一つで
稼いでみませんか?




【驚】ルイ・ヴィトンの素材は
本皮じゃなくて合皮だった!?




モンドセレクションは金を払えば受賞確定?
無価値なブランドの代表格!




グーグルのCEOが話す
「10年後のテレビの姿」とは?


死までの時間を驚異的な速度で進め、細胞を機能不全にする恐ろしい食品とは?


ページ上部へ戻る